スポンサーリンク

新たに発見!?今は無き業者さんの置き土産ヾ(–;

どーも! バッシーです(^^)/

庭になっている葡萄!

今年は長梅雨のせいか、出来がイマイチヾ(–;)

粒は小さめですが、とりあえず甘いのでOK♪

置き土産、、、

出来がイマイチと言えば、、、

自分の発電所の中で、出来がイマイチの発電所(-_-;)

またまた、プチ不具合が発覚しました。

この発電所だけ、ここの業者さんなのですが、

今は倒産しています…

過去にも、いろいろ置き土産をしていった業者さんでヾ(–;)

過去記事:
倒産した業者さんのいらない置き土産(その1)
倒産した業者さんのいらない置き土産(その2)

そして、今回発覚したのは、これらに比べれば可愛いモノなのですが…

最初、結束バンドが外れたか?

ってな程度でした。

しかし、他のアレイを見てみると、、、

アチコチで、かなりの量の結束バンドが切れていました(+o+)

ここは、まだ3~4年ほどなので、

日影の場所で、この程度で切れてしまうと言うことは、

多分、耐候性の無いモノを使っていたのかと…

耐候性もイロイロ

全部交換するか、とりあえず切れているところだけ直すか悩ましいところです。

ご存知かも知れませんが、、、

結束バンドの耐候性でもイロイロありますヽ(^^ )

主なモノとして、

・ナイロン66(標準) → 寿命1~2年
・ナイロン66(耐熱性) → 寿命4~5年
・ナイロン66(耐候性) → 寿命7~9年
・ナイロン12(耐候性) → 寿命25年以上 etc.

と言った感じです。

同じ耐候性ナイロンでも、66 と 12 では大違い(゜o゜;)

ですので、太陽光発電所に使うには、

「ナイロン12(耐候性)」の一択かとヽ(^。^)

先日、別の用途として購入した、

「ステンレススチール」の結束バンドもあります。

これは寿命が30年以上と、最強ですが、

これをこのままケーブル留めとして使ってしまうと、

ケーブルに傷がついてしまいそうで怖いですね(-_-;)

皆さんの中にも、数年経つと同じように

大量にブチブチ切れる発電所が出て来るかも知れません。

自分の他の発電所も出て来る可能性大ですが(^^ゞ

補修の際には、是非、高耐候性のモノを使用してください!

人の心配している場合じゃない!

自分もさっさと購入して、直さなくちゃ!!(;^ω^)

耐候性の結束バンドの種類を知っていた人も、知らなかった人も…
応援でポチッとお願いします!
Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 




スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 連系待ち より:

    タイラップは高耐久のものでも縛り過ぎたりすると5年程度で切れる場合があります。
    施工時の手間は増えますがバインド線使うのが確実ですよ。ちょっと長めに切ってハッカーでクルクルやればそんなに時間も掛かりません。

    • バッシー より:

      連系待ちさん

      確かにバインド線も良さそうですね!!
      今回、結束バンドを300本ほど買ってしまったので、それが無くなったらバインド線を試してみたいと思います(^^)/