スポンサーリンク

初!発電所のリース契約♪(^^)/

どーも! バッシーですd(^-^)

昨日は、三女がお引越しで、軽トラを貸してもらいたい!

とのことで、軽トラを置きに行ったのですが、、、

結局、引っ越しのお手伝いをするハメにヾ(–;)

片道50分ほどの道のりを、何往復かすることになってしまいました…

写真で見ると、引っ越し荷物と言うより、

何だかゴミを運んでいるようで(^-^;

そして、夜は三女の新しい彼氏さんと初対面♪

一緒に焼肉&ビール(^^)/

若い人と話をしていると、元気になりますね~ρ(^^ )/

初のリース契約!

と、どうでも良いお話から始まりましたが(^^ゞ

今日の記事は、先日無事に契約が済んだリースのお話♪

現在、準備中の発電所「稲敷NE83」ですが、、、

今までの発電所は、全て融資で進めてきました。

で、今回は勉強も兼ねて、リースで購入することに♪

と言うこともありますが、銀行の融資担当者の勧めもありました(^^ゞ

自分の知り合いでも、何人かリースで発電しているって方もいるので、

今さらって方もいるかも知れませんが(;^ω^)

リースはどんな感じ!?

当初、発電所全てがリースの対象かと思っていたのですが、、、

フタを開けて見ると、対象は、パネル、パワコン、架台、これらの設置工事費のみ。

電気工事や造成工事などは対象外とのことでしたヾ(–;)

ですので、持ち出しが結構な額になりそうです(;^ω^)

今回は、総費用のうち3割程度は持ち出し…

そんな手探り状態で進めたリースですが、

今のところ分かっているメリットは、、、

【メリット】
・リース料、全て経費
・リース期間中、固定資産税はリース会社が負担
・担保設定が不要
・与信が削られない(らしい)

そして、デメリットは、、、

【デメリット】
・減価償却費が無い(計上できない)
・リース対象の範囲が狭い
・支払総額が多い(利息に換算すると、3%後半)
・リース期間満了時、行使金額を支払って譲り受ける(選択可)

一番気になるところの、“支払総額”(利息にあたるところ)ですが、

3%後半と言うと、ちょっと引きますよね~。

ただ、固定資産税無しや経費になる部分など考慮してシミュレーションをしてみると、自分の場合、融資に換算すると利息“1.8~2.0%程度”と同等って感じになりましたd(^-^)

これは、人それぞれ変わってきます。

例えば、課税所得が多い方はもう少し下がってくるでしょうし、逆に少ない方は上がるかと。

あくまでも、自分の場合なので、あしからず。

あと、メリットの最後に書いた「与信が削られない」ですが、

これは一番のメリットと、融資担当者さんが言っていました!(^^)!

今後、融資を引くかどうかは分かりませんが、自分のように与信ギリギリの綱渡り状態で進めてきた人にとっては、与信が削られないのは凄いメリットのように感じました♪

ちなみに、リースにも審査があるようです。

今回は、銀行からリース会社にシミュレーションのようなものを提示して、それを基に何らかの判断をしているようです。

詳細は良く分かりません…

ですので、もちろんNGの場合もあります(-。-;)

今回は、無事に通ったようですが(^^ゞ

—–

こんな感じで、今回は初のリース案件になりましたが、

進めて行くうちに、新たにメリット・デメリットが出てきたら

また記事にしたいと思います!!

それより、この案件ですが、業者さん紐づきの案件なので、

初めてお付き合いする業者さん…

先日打合せをしたのですが、

ちょっと心配なことがポロポロ出てきており、

気が抜けない状態です(~0~)

久しぶりにスリルのある案件になりそうですが、

せっかくなので、楽しみながら進められればと思いますo(^o^)o

スリルのある案件!楽しめるかな!? ってことで、
応援でポチッとお願いします!
Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 




スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク