スポンサーリンク

12月&2019年の発電量・・・最終月に大失速(>_<;

どーも! バッシーです(>_<)

今日も、家で娘夫婦たちと呑んだくれています(^-^;

正月は、誰にも遠慮なく、昼間から呑める♪

とは関係ないけど、、、

12月の発電報告です!!

12月の発電報告!

12月10日に、“つくばLO113” が連系しました♪

先月は、好調だったので、この調子で今月も!!

なんて思っていたら、大変なことに…

ふたを開けて見たら、

最低レベル の発電量でした(◞‸◟)

—–
[12月1日~31日]【kW・日】
(架台は、⑧10度⑨10&20度、他は20度)
①龍ヶ崎HQ83: 5,693 kWh【2.20】
②龍ヶ崎HQ83: 5,711 kWh【2.21】
③龍ヶ崎HQ85: 6,051 kWh【2.31】
④龍ヶ崎SF90: 6,427 kWh【2.31】
⑤龍ヶ崎SF90: 6,311 kWh【2.27】
⑥つくばHQ56: 3,672 kWh【2.11】
⑦つくばLO113: 4,530 kWh【-】(参考)

⑧筑西HQ63: 3,823 kWh【1.95】
⑨筑西HQ63: 4,167 kWh【2.13】

⑩利根NE91: 6,341 kWh【2.24】
⑪利根NE91: 6,306 kWh【2.23】
⑫利根NE91: 6,311 kWh【2.23】
⑬利根NE91: 6,270 kWh【2.22】
⑭利根NE90: 6,298 kWh【2.26】
—–

MAX発電量!!

そして、今月のMAX発電量ですが、

今月は、参入したばかりの

“つくばLO113” でしたヽ(^^ )

12月28日の、

“360kWh” でした!!

参考までに、この日2番目だった”利根NE91″は、

“352kWh”でしたd(^-^)

1ヶ月の発電量!!

12月の発電量を グラフ で見てみるとこんな感じです!

定期的には晴れ間はあるのですが、

例年、この時期は、もっと晴れの日が続くはず…

関東は、乾燥注意報 が出ないまま12月が終わってしまったとか(-。-;)

乾燥肌の方には良かったかもですが、

発電事業家には…(ToT)/

2019年の発電量!!

今回から、年の発電量も追加してみました~♪

途中、以下の変更があったので、この発電所は参考としています…

・7月、”利根NE90″を増設(71kW → 90kW)
・12月、”つくばLO113″を新規追加(113kW追加)

2019年は、“龍ヶ崎SF90”

発電量のチャンピオン になりました~♪

—–
[2019年合計]【kW・日】
(架台は、⑧10度⑨10&20度、他は20度)
①龍ヶ崎HQ83: 95,817 kWh【3.15】
②龍ヶ崎HQ83: 96,530 kWh【3.17】
③龍ヶ崎HQ85: 99,081 kWh【3.21】
④龍ヶ崎SF90: 106,241 kWh【3.24】
⑤龍ヶ崎SF90: 105,247 kWh【3.21】
⑥つくばHQ56: 67,824 kWh【3.31】
⑦つくばLO113: 4,530 kWh【-】(参考)

⑧筑西HQ63: 76,999 kWh【3.34】
⑨筑西HQ63: 79,305 kWh【3.44】

⑩利根NE91: 104,664 kWh【3.14】
⑪利根NE91: 104,286 kWh【3.13】
⑫利根NE91: 104,159 kWh【3.13】
⑬利根NE91: 104,572 kWh【3.14】
⑭利根NE90: 95,684 kWh【-】(参考)
—–

月毎の”kW・日あたり”の発電量をグラフにすると…

前項でも述べましたが、12月が最低発電量(2.1kWh)となりました( ;∀;)

kW・日あたりを 年平均 すると、

過去データ(2016年~)で、最低

と言っても、それほど差が出たわけではなく、

パネルの過積載率など増えているので、

一概には言えませんが、がっかりヾ(–;)

—–
2019年 3.2 kWh
2018年 3.3 kWh
2017年 3.4 kWh
2016年 3.3 kWh
—–

—–

2019年は、このような結果になりました!

さっ、2020年はどのような年になるか(*’ω’*)

少し期待しつつ、

楽しみにしていきましょう♪

今年の発電量に期待!!ってことで、
応援でポチッとお願いします!
Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

【施工業者さんの紹介】
自分がお世話になっている「施工業者さん」の紹介は、
申込フォーム > から!!

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 連系待ち より:

    12月はとにかく悪かったですね。orz

    冬季は傾斜角が少ないとかなり発電効率が落ちます。千葉の75kWの発電所の最高値が216kWhで、91kWに換算すると260kWhになります。バッシーさんとこは352kWh発電してるということなので、自分の発電所は7割程しか発電してないことになります。これから太陽の南中高度が上がってくるとピークカットされる分が出てくるので、年間での総発電量を稼ごうとすると傾斜角は稼いでおかないとダメですね。土地が沢山要りますけど。

    年間発電量では、傾斜角15度の76.8kWの発電所が90521kWhで最高でした。パネル容量あたりで計算すると、3.23kWh/1kWとなってSF90あたりとほぼ同じ発電効率ですね。過積載率が低い割りに数値が良くないのは、傾斜角のせいなのか、盆地地形で日の当たる時間帯が短いせいなのかは判然としません。

    バッシーさんとこは過積載率が180%越えの発電所の年間発電量が、全て10万kWhを越えてるのは大したものだと思います。地形的に朝夕の影が気にならない関東平野のメリットですね。

    経年での発電効率の低下ですが、パネルの変換効率の低下の影響も多少はあるでしょうけど、殆どが過積載率が大きい発電所が増えてるせいだと思います。おそらく初期の発電所だけで集計すればそんなに下がってはないと思います。年平均で比較する場合は変動率が下がるので、有効数字は小数点以下2桁で表記しないと差異が埋もれてしまうかもしれません。

    • バッシー より:

      連系待ちさん

      去年は、茨城と比べても千葉の方が悪いと聞いていますが、、、
      実際にデータは見ていませんが。
      また、年間発電量ですが、、、
      確かに傾斜角15度と言うのも影響があるかもですが、日の当たる時間帯が短いせいですかね~。15度と20度だと、そこまで違ってくるとは思えないので。

      ともあれ、去年は変なお天気が続いたので、月毎のデータとしてはハチャメチャな感じでした。
      今後、異常気象で、こんな年が多くなるかもですが(-_-;)
      今年は、台風被害など被災の無い年になって欲しいものです…