スポンサーリンク

パワコンが溺れてる!?(@_@)

どーも! バッシーですd(^-^)

今日は、午前中に急きょ草刈りの依頼があって

まさお君と共にお手伝いに行ってきました!

パワコンが水没!?

その前に、、、

自分の発電所の発電状況がちょっとオカシイ…

発電はしてそうなのですが、

監視モニターに表示される数値がオカシイので、

ちょっと覗いてみました。

すると、1台パワコンが水没!?(@_@)

げげげ、、、(-。-;)

と言うことで、早速カバーを開けてみました。

すると、AC側のケーブルを通しているPF管から水があふれていました…

幸いパワコン内には少し水が溜まっているくらいでしたが。

ちょっと分かりにくいので、アップで!!

水が溢れています・・・

先日の台風で雨が伝ったのか…

北からの強風で、雨も来たからかなり吹き付けていたので、

いつもと違うところを伝ってきたのかヾ(–;)

穴を開けてみました…

とりあえず、中に通っているケーブルを傷づけないように、

PF管に穴を開けてみました。

すると、、、

かなり良い勢いで水が抜けていきました(-_-)

ひとまずパワコンの方は正常に動いており、

大事には至らなかったようです(^-^;

このような管には、予め水抜き穴を開けるのが良いようです。

自分の発電所も、最近のモノは開けている(はず!?)なのですが、

古い発電所は開いていないような…

もちろん端には、粘土を詰めているのですが、

これも万能じゃないですからね~

たまにはカバーを開けて、

パワコンの中をチェックした方が良いかもですね。

特にパワコンよりPF管の入り口の方が高い作りで、

PF管に水抜き穴が開いてない発電所は、

チェックが必要かもしれません。

実は、自分の発電所では初めてでしたが、

他人の発電所では、何度か見たことがあります。

他人事じゃないですよね(^^ゞ

-----

そうそう、監視モニターの表示の問題ですが、

おかしいパワコンを全てリセットしたら直りました!

ちなみに、こちらの方は”坊主くん”が対応してくれましたヽ(^。^)ノ

たまにはチェックが必要だよね~!!
って思われた方は、
応援でポチッポチッとお願いします!
Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 




スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. kobara より:

    AC側という事は、ブレーカーBOXから水が入って来たのですか??
    それ以外にも入る所があったのでしょうか???
    他人事では無いですね、全部チェックしてみよーっと

    • バッシー より:

      kobaraさん

      ブレーカーBOXからのケーブルですが、ここのパワコンは分散配置なので、その配線からになります。
      今回のように通常と違う風などで吹き付けた雨の後などは、ホント要注意ですね…
      と言うか、今後長い期間、、、このようなことは起きてくるかと思うので、定期的なチェックはホント必要かと思います。

  2. 連系待ち より:

    保護管からの浸水はよく見掛けますね。ACケーブルの引き込み側にエントランスキャップ付けて防水対策してあっても、台風とかの吹き込みで水が溜まってしまうケースがあるようです。基本は保護管の低い地点に排水用の孔加工ですね。

    パテ(粘土)は防水のためというよりは小動物の侵入抑止が目的です。珠にネズミが侵入して電極板を跨いで感電死してるケースとかあります。パテは時間が経つとヤセて減肉するので、年に一度くらいはスキマがないか確認しといた方がいいです。発熱で暖かいせいか蟻が入ってきて巣をつくってたりする場合もあります。パテは100円もしない小物なので、怪しければ上から新品のパテを重ねておくといいかと思います。

    パワコンの基板類は防湿コーティングされてる場合が多いですが、パワコン内部に浸水してたとなると、念のため暫く乾燥剤を入れておいた方がいいかもしれません。

    • バッシー より:

      連系待ちさん

      おっしゃる通り、経年劣化も含めて今後もいろいろ出てくるかと思います…
      また、乾燥剤ですか…それは思いつきませんでした(^^ヾ
      確かに窓がこれだけ曇っていたということは、かなりの湿度ですからね。