茨城のごく普通の中年サラリーマンが、人生をより楽しくしようと太陽光発電設置に奮闘中!
架台30度⇒過積載に変更か!?
2015年03月17日 (火) | 編集 |
おかげさまで、ランキング上位を継続中o(^o^)o
ご面倒ですが、応援でポチッとお願いします!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

現時点のソーラー発電所の詳細はこちら



先日、記事にしましたが、1号/2号基の南側に予定している3号基。
これがちょっともったいないくらい、土地が余ってしまうので、真南30度架台なんて良いかな~と計画していました。

過去記事: 架台は20度?それとも30度?

そして同時に過積載も検討していました。

過積載ですが、メーカー保険が対象外になってしまうのでは?
と言う懸念があり、元請負業者さんに確認してもらっていました。

そして先日、元請負業者さんから連絡があり、特に問題なし!とのこと♪

一気に気持ちは、過積載にd(^-^)
現在、1号/2号基は、約11%過積載。
・1号基 ⇒ パワコン49.5kW、パネル55.1kW(255w×216枚)
・2号基 ⇒ パワコン38.5kW、パネル42.8kW(255w×168枚)
 (近々増設して1号基と同じ仕様になる予定)
3号基も同じような感じで計画中でした。

141212-1.jpg


そして、今回変更しようと思っている仕様は、パネルの割付が可能なら1~3号基とも約25%過積載。
・パワコン49.5kW、パネル62.0kW(255w×243枚)

変更により、1基あたり年間の売電収入が30万円前後増える計算です。
これが3基分なので・・・
30度架台は年間4万円ほどだったので、比べるまでもありません。

ただ、忘れてはいけないのが、費用増。。。
まだ見積もり書は来ていませんが、この変更だけで費用が500万円ほど増加するイメージです。
5,6年ほどで元がとれる計算なので、十分やる価値はありそうですね。

27年度以降の買取価格では、事業としてなかなか厳しくなりました。
そこで、現在稼働中また申請済みの案件を、如何に効率よく稼動させるかと言う事で、過積載は有効な手段だと思っています。

現在、元請負業者さんに割付図を作成依頼中ですが、3基とも25%過積載のパネルが入ると良いな~。
あとパネル枚数が変更になり経産省へ届出が必要になるので、一応、買取価格が”変更無し”であることを確認してもらっています。

-----
アドバイスや質問があれば、気軽に コメント してください!
質問に対しては可能な範囲でお答えします。




関連記事

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
>あとパネル枚数が変更になり経産省へ届出が必要になるので、一応、買取価格が”変更無し”であることを確認してもらっています。

運転開始済みの案件であれば、全く問題ないはずです。
3月末迄の申請なら連系出力を増大させても価格維持できます。できれば3月中に申請しといた方が良いと思います。
経産省から回答が来たら教えて下さい。m(__)m
2015/03/18(Wed) 07:38 | URL  | 連系待ち #-[ 編集]
うちもパネル増設しようと計画しましたが
既に過積載であれば、申請は経産省だけでいいみたいです。東北電力は既存の容量に変更がなければ問題なしとの回答でした。売電価格の低下&新ルールによる抑制増や装置負担はいやですからね。
 同じ東電でも東京電力は特に規制はないので羨ましいです。

http://nekosoftsolar.blogspot.jp/2015/02/blog-post_13.html
2015/03/18(Wed) 08:34 | URL  | にゃんた #t50BOgd.[ 編集]
連系待ちさん
こんばんは。
今日、経産省からの回答が業者さん経由で来ました。
自分の伝え方が悪かったのか、、、
新たに設置する案件の変更についてだけ、聞いてくれたようで(^^;
ちなみに、新規も軽微変更届で買取価格もキープとのことでした。
一応、追加で聞いてみようと思っていますが、既存についても問題なさそうです。
とりあえず、3月中には申請ですね!

それはそうと、いま発電中の1号/2号基を25%過積載に変更するのに、ちょっと費用がかかりそうな雰囲気が。
ケーブルの繋ぎ直しや埋設など、、、また検討が必要なようです。
2015/03/18(Wed) 19:13 | URL  | ばっしー #r6D7sOkg[ 編集]
にゃんたさん
こんばんは。
情報ありがとうございます。
とりあえず、東京電力は抑制はまだ無いようで。
ただ、自分の管内は連系までにホント時間がかかります。。。
2015/03/18(Wed) 19:15 | URL  | ばっしー #r6D7sOkg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック