茨城のごく普通の中年サラリーマンが、人生をより楽しくしようと太陽光発電設置に奮闘中!
第1用地の杭打ち♪ヽ(^^ )
2018年05月30日 (水) | 編集 |
どーも! バッシーですヽ(^^ )



昨日の夜は、業者さんと焼き肉屋に行って飲んでましたp(^^)q

そして、帰ってきたらウトウト・・・

気が付いたら、深夜になっていました~(-_-)zzz

と言うことで、必然的にブログもお休みに(^-^;



となる前のお話で、、、

昨日は、サラリーを午後休♪

そして、現場へ直行しました~ヽ(^^ )

今、現場はスクリュー杭を打ち込んでいます!!



まずは南側の土地に3基分。(写真の青枠の方)

180530-1.jpg




こちらは、数日前から打ち込んでおり、

既に杭打ち作業が終わっていました!(^^)!

180530-2.jpg




そして、電気部隊が来ており、

埋設用のPF管を埋めていました~!!

180530-4.jpg




杭打ちは、問題の北側の用地、、、(最初の写真の赤枠の方)

こちらは1基分ですが、許可関係でいろいろあり盛土ができず( ;∀;)

苦肉の策で、砕石を30cmほど敷いてあります。



引き抜きは、とりあえずOKそうでした♪

が、後でちょっと補強を考えていますヽ(^^ )

問題は、沈下の方、、、

砕石を敷いてちょっとは強度が増しているとは言え、

ちょっと不安(-。-;)

沈下防止用のアダプタで、板状のモノをねじ止めするようなものがありますが、そこまではどうだろう。

悩ましい感じでした。



そして思いついたのが、、、

まず全ての杭のところを、

30cmほど穴を掘ってもらいました。

180530-5.jpg




そして、杭のネジネジの部分が

少し見えるくらいまで打ち込んでもらい、、、

180530-6.jpg




ここまでで、時間切れ(^-^;

この後の施工としては、この部分いコンクリを流し込んでもらい、

固またら埋め戻してもらうp(^^)q

って感じですd(^-^)



自分の頭の中のイメージでは、

かなり良い感じなんですが、、、どうなるか(^^ゞ

ちなみにコンクリは、明日お天気の様子を見ながら行う予定!



まっ、いろいろ業者さんには、手間をかけてもらっちゃっています(^^)/

と言うことで、作業の後、みんなで焼肉屋さんに!

と言う流れになりました♪

奥さんも同席して、みんなで5人でワイワイと♪

なかなか作業者さんとゆっくりお話する機会が無いので、楽しかったですd(^-^)



たまには変わったメンバーでの飲みも楽しいよね~♪と言うことで、
ポチッとお願いします!
Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


自分もお世話になっている
施行業者さんの紹介 は、< こちら > から!!
※全国対応、信販も使えるようですd(^-^)
※現在、紹介者は 21名 になりました~♪(2018/5/30現在)


アドバイスや質問 があれば、
気軽にコメント< PC版スマホ版 > してください!
質問に対しては可能な範囲でお答えします。


関連記事

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
3基分
ひょっとして以前に本文で書いているのかも知れませんが、広い方に3基 低圧分割にかからない裏技は?
どんな方法を使いましたか?
2018/06/04(Mon) 16:35 | URL  | kobara #-[ 編集]
kobaraさん
特に裏技はないですよ~。
ここの広い土地は、いくつかに分かれていて全て地権者さんが違いました。
たまたま自分が購入できた土地と土地の間に、他人の土地が入ったりしているだけです('◇')ゞ
2018/06/04(Mon) 21:53 | URL  | バッシー #r6D7sOkg[ 編集]
広い土地の間にも他人の土地が細長く2か所入っているという事ですね、
その土地も含めて造成したと、.....
全部買ったけど、低圧分割にかからないようにうまく第3者の名義にしたという感じかな?
2018/06/05(Tue) 09:34 | URL  | kobara #-[ 編集]
kobaraさん
あくまでも、自分が買ったところは分割に引っかからない状態になっていました(^^ゞ
そして、隣の人もたままた太陽光をやるようで、、、
そんな感じです(^ム^)
2018/06/05(Tue) 22:25 | URL  | バッシー #r6D7sOkg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック