茨城のごく普通の中年サラリーマンが、人生をより楽しくしようと太陽光発電設置に奮闘中!
太陽光発電事業研修会 in 北海道ヽ(^^ )
2017年10月30日 (月) | 編集 |
どーも! バッシーですヽ(^^ )



昨日、台風の中、何とか帰宅した

北海道の研修会&視察旅行ですが、

改めて、メイン(!?)の一つでもある 研修会 の話を少し書きます!

いろいろあって、もう既に忘れちゃいそうですが(^-^;

171027-4.jpg




今回のスケジュールの初日、

午後1時~5時30分まで、まじめに研修を受けました♪

今回の研修は、2部構成になってました。

ちなみに研修会は 無料 でしたヽ(^^ )

「1.太陽光発電事業設計・施工」 と

「2.太陽光発電事業保守点検」 です。

171030-1.jpg



最初にお断りしておきますが、

詳細な内容は書ききれません。

ホント、ざっくりですので、あしからずd(^-^)


-----

1.太陽光発電事業設計・施工


これは、最初 「施工業者さん向け」 かな~と思っていましたが、

発電事業者 も、知っておいた方が良い内容もあった感じです。

太陽光発電所の建設に関する 主な関係法令 についても、

"電気事業関連"はもちろんですが、"土地関連"、"環境関連"など、知らなかった法令がたくさんありました(゜o゜;)

野立てにはあまり関係ありませんが、建築法や消防法なども...


また、「周辺環境への配慮」も、トラブル事例などを交えて説明があり、「なるほど~」と言う話もありました。

"騒音"、"電磁波"、"反射光"対策なども・・・d(^-^)

もちろん、最近話題の "標識" や "柵塀" などの話もありました。

とにかく、 みなし認定日から1年以内 に対応してくれとのことですヽ(^。^)


"現地で確認すべきチェックポイント"などもありましたが、これは今までも何となく気にしていた内容でした♪

またレイアウトや離隔・・・

そうそう、"風圧荷重" や "積雪荷重" 、 "地震荷重" などの考え方や計算方法も、「なるほど~」と聞きながらも、計算式のところではちょっと眠くなってしまいました...(^-^;

-----

2.太陽光発電事業保守点検


こちらは、 運用・保守 と言う内容になりますヽ(^^ )

講師の方が言ってたのが、言い方は違いますが

「低圧案件の保守がひどい」

と言う事です。。。

これは確かに自分も思っていたことで、

放置している発電所を見ると、「本当に20年間大丈夫!?」

と思う事も多々ありますヾ(--;)

そんな状況なので、これから保守関連の規制はできるでしょうね~。

ま、発電しないだけだったら良いのですが、パネルが飛ぶなどして 他人に迷惑をかける ことも考えられるので、その方が良いのかな...

その他、保険や賠償の話、

遠隔監視システムの話もありましたヽ(^^ )


あとは、まだまだ先の話と思いつつもちょっと気になる "撤去、処分" の話です。

20年以上先の話なので、今から考えていても状況が変わりそうですが、これは皆さん共通の問題になりそうですねヾ(--;)


この他、具体的な保守点検の進め方や、作業などの説明。

I-V測定器、赤外線(IR)サーモグラフィー、ドローンなどの機器の活用方法などの説明がありましたd(^-^)


そして最後に、不具合事例として、あまり見たくない写真を見せられました(>_<)

-----

と、勝手なことをダラダラと書かせて頂きましたヽ(^^ )

本当は、頂いたテキストを掲載した方が早くて良いと思うのですが、

著作権の関係で掲載はNGとのこと...(ToT)/

立派なテキストで100~150ページほどあり、結構立派なテキストですd(^-^)



今回の研修会を受けて、発電所を作る前の 設計・施工 はもちろんですが、

改めて 運用・保守も大切だな~ と思いましたd(^-^)



次回は、土日と北海道の "太陽光発電所探し" の旅をしてきたので、

その模様を描きたいと思いますo(^o^)o



-----
やっぱり設計~運用、保守は大切だね~!!と言う事で、
ポチッとお願いします!
Ctrlボタンを押しながらクリックするとリンク先に飛びません
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


-----
アドバイスや質問があれば、気軽にコメント< PC版スマホ版 > してください!
質問に対しては可能な範囲でお答えします。

スポンサーリンク