茨城のごく普通の中年サラリーマンが、人生をより楽しくしようと太陽光発電設置に奮闘中!
電気工事ストップ...ストリング構成でモメル(その1)
2016年12月13日 (火) | 編集 |
7・8号基ですが、本当は昨日から電気工事が始まる予定でした。

しかし... 今日になってもまだ工事が入っていません(-_-;

161207-4.jpg



施工業者さんと認識違いがあり、工事が止まってしまいました。

ストリングの件で認識相違があり、、、

先日ストリング図も送ってもらっており、その際に、ちゃんとチェックをしていれば良かったのですが。

思い込みで流していました(>_<)




今回のシステム構成は、以下の通りです。
-----
・パネル: ソーラーフロンティア 170w × 528枚
・パワコン: SMA 4.5kw × 11台
-----

パワコン1台に対して、パネルを48枚接続します。

自分の予定では、各々のスペックから、

4直列 × 3集電 × 4入力」で伝えていました。(いたつもりでした)

しかし、業者さんから送られてきたストリング図を見ると、

3直列 × 4集電 × 4入力」になっていました(゜o゜;)

161213-1.jpg


実際に、"3直列4集電"ですと、パワコンの"最大入力電流"を超えてしまいます。

最初、業者さんの勘違いかと思い確認したところ、パワコンメーカーに確認を取ったとのこと。。。

スペックオーバーを伝えた上で、再度確認してもらうことに。

確認後に連絡があり、、、すると、パワコンメーカーからは、

「電圧がギリギリより、電流をオーバーしていた方が良い」

と回答されたようでした。

ちょっと信じがたいですが、業者さんがウソをついても得なことは一つもないので(-_-)



ここで普通だったら、「メーカーが言うのでしたらしょうがない(>_<)」

と、妥協するのでしょうけど、やはり納得がいかず(-。-;)

この方が"効率が良い"とかでしたら迷わず従うのですが、どうもマージンを考えての話のようで。

電気工事の担当者さんと、スペック表を眺めながらしばらく電話でお話し合いをしました。



この構成の発電所を作ると決めてからは、半分人柱になる覚悟でいます。

と言う事で、ここは納得いかないままの構成で進めるわけにはいきません。



つづく。。。

-----
最後に、続きが気になる方は、
応援でポチッとお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


-----
アドバイスや質問があれば、気軽にコメント< PC版スマホ版 > してください!
質問に対しては可能な範囲でお答えします。





スポンサーリンク