FC2ブログ
茨城のごく普通の中年サラリーマンが、人生をより楽しくしようと太陽光発電設置に奮闘中!
"消費税課税事業者"の足抜け、とんだ思い込み(^^*
2016年11月18日 (金) | 編集 |
昨日、消費税還付の記事を書きましたが、、、

過去記事: 消費税還付の申告年度は、設備引渡し日?連系日?

その中で出てきた "消費税課税事業者"の足抜け について、メールで問合せがありましたので、チョロッと説明したいと思います。

161117-1.jpg


もしかしたら、他にもこのブログを見ている方でも、勘違いしている方がいる知れないので...

と言うか、自分もついこの前まで勘違いしていました(^^ゞ

太陽光発電事業をされている方で、消費税還付を受けるために"消費税課税事業者"を選択している方はたくさんいるかと思います!

自分も開業届と同時に届出を出しており、課税事業者になっていますd(^-^)

発電所を新設しなくなったら、"不適用届出"を提出して足抜けしよう!って考えていました。

もちろん、一定の期間(2年間)は届出は出せず、届出を出した翌年度から適用ないとは知っていました。

が、この一定期間の"ふるまい"について自分は大きな勘違いしていました。

まず、一つ目、
「消費税還付をせずに2年間大人しくしていれば、届出を出せる」
と思っていました(^^;

ある程度したら損得を計算して、どのタイミングで還付を止めようかな~

なんてことを考えていました(^^*

これは、最初の確定申告の時、違うことに気が付きました!


そして、二つ目、、、

これはつい最近まで勝手な勘違いをしていて危なかったのですが、

"調整固定資産の課税仕入れ"を行った場合。

100万円以上って言うのはあるのですが、購入した日から一定期間の2年間がリセットされてしまうってことです。

この"調整固定資産"ってのを、勝手な解釈で"発電所の設備"と置き換えていました。

しかし、税務署の冊子を見ると、

161117-2.jpg

と言う事は、発電所の設備に関係なく、事業の経費として計上するようなものも全て対象。。。

100万円以上の高額なものを買うなら、今年中に買っておかないと足抜けが1年間遅れてしまう(゜o゜;)

かなり慌てました(汗)

実は、落ち着いたら車を買おうかな~なんて思っていたので(^^;

結局、先月から動き出し、かなりバタバタしました、何とか間に合いました♪

年内納車を逆算して契約、無事に12月中旬に納車の予定です。


"消費税課税事業者"の足抜けを考えている方は、自分のようにバタバタせずにスマートに抜けてくださいね~(^^)/

-----
最後に、「間に合って良かったね♪」って方は、
応援でポチッとお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 
-----
アドバイスや質問があれば、気軽にコメント< PC版スマホ版 > してください!
質問に対しては可能な範囲でお答えします。




スポンサーリンク