茨城のごく普通の中年サラリーマンが、人生をより楽しくしようと太陽光発電設置に奮闘中!
興味本位で計測してみました♪
2015年06月03日 (水) | 編集 |
おかげさまで、ランキング上位を継続中o(^o^)o
ご面倒ですが、応援でポチッとお願いします!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

現時点のソーラー発電所の詳細はこちら



最近、お天気は良いんだけど、発電量が伸びない(>_<)
そんな日が何日かあり、
「薄く雲がかかっているのかな~?」とか、
「パネルが汚れてきたか?」
など思いながら、モニターを眺めていました。

フッと、TVのニュースで5月の暑さが記録更新!と言うのを思い出しました。

そう言えば、気温が高くなると発電効率が下がると聞いたことがあります。

確かに5月のデータを見ると、日照時間は基より最高気温が低いと発電量が多い傾向にあります。

気温と言えば、去年、”赤外線放射温度計”を買ったのを思い出し、無性にパネルの温度を測りたい衝動にかられました(^^ヾ

前置きと少しずれた感はありますが、早速測りに!
しかしこの日は、他に予定があり朝しか計測できず。。。
ま、あくまでも興味本位でしかないので(^^ヾ

時間は朝9時30分。 気温は23.5℃、晴れ。

早速、パネルの温度を測ってみると、すでに50℃オーバー(゜o゜;)
思っていた以上に高い数値でした。
昼間はいったいどれくらいまでいってしまうのか。

150602-1.jpg


参考までに、発電所内の地面の温度も。
ちなみに砕石は、アスコン(アスファルトの下に引く砕石らしい)です。
こちらは、44.5℃。
以外に高い。。。

150602-2.jpg


ついでにパネルの下の日陰も測ってみました。
こちらは、28.0℃。
他の数値を見ているだけに、低く感じます(^^ヾ

150602-3.jpg


これから梅雨入り→梅雨明け後の真夏は、いったいどれくらい温度が上がるのか興味深々な反面、ちょっと恐ろしいです。
また、兵器を持って測りに来たいと思います。

それより、この温度を効率良く抑える方法はないものか・・・。
自動に水の散布するシステムや、日向部分に白い防草シートを引く、低い草でのグランドカバーなど、、、
効果はありそうだが、費用対効果が微妙な感じ。

何か良い対策をしている方はいらっしゃいますか?
自分も夏までに、何か考えてみようっと!

-----
アドバイスや質問があれば、気軽に コメント してください!
質問に対しては可能な範囲でお答えします。




スポンサーリンク